Author: takamitu

ネットワークアナライザの基本的な知識まとめ

networkanalizer

 

ネットワークアナライザというのは、直訳するとネットワーク網を分析する装置、ということですがその名の通りに電子回路を解析するために開発されました。 基本的な計測の仕方としてはインピーダンス、それに減衰値を調べることで対象の計測を行います。 ミリ波帯周波数は110Ghzまでのなかで、本機はとてもさまざまな分野に活用できるという点から、企業や研究の現場でとても重宝されている測定器の一つとなっています。

種類について

ネットワークアナライザと一口に言っても、その種類は大きく分けて二つに類別することが可能となっています。 まずひとつめはベクトルネットワークアナライザと呼ばれるもので、振幅の測定だけでなく位相まではかることが出来るのでとても精度が高く、計測器としては最高に近い性能を持っているのが特徴です。 機器が高価になりやすい反面、メンテナンスが容易で永く使えることを考えると、長期的に必ずしも導入が損にはならないと言えるでしょう。 いっぽう、もうひとつの巣からネットワークアナライザは振幅の身を測定し、周波数の特定で高周波の信号をしっかりと把握する基本機能を備えています。 性能拡張が可能である反面、精度ではやはり前者に及ばないため用途を限定されるというデメリットもあります。 企業内、現場内でどういった用途での使い道があるのかをよく購入前に検討する必要があるでしょう。 どちらにせよこれらの機器は計測器の標準として位置づけられており、その作用の仕組みや特性をよく理解することが重要です。

ネットワークアナライザの仕組み

メインとなる受信機を三つ内蔵しており、それ以外にも信号分離機、信号源、そして方向性結合器を組み合わせて対象の周波数を全てカバーしています。 信号源からの周波数を二つに分離して、入射・反射に分けそのその伝送信号の速さともうひとつのレシーバーとのレシオをエスパラメータとして認識するというのが大まかな仕組みとなります。エスパラメータを利用することで高精度を実現しているため、この反射特性を理解したうえで運用しないと精度を大きく欠くことになってしまいます。 たとえば、機器の搬入の際に信号受信装置にわずかにキズがついた、あるいは機器の設置場所付近にちいさな磁力ノイズがある等のトラブルでも正確な測定の妨げとなるため、導入に当たっては専門知識をもったスタッフとメーカ担当者が事前に協議することが求められます。

特徴・用途

ネットワークアナライザの最大の特徴は、校正と呼ばれる機能でこれは文字通り、測定結果の誤差を機器がみずから修正してくれる機能を指します。 測定基準となる面から、インピーダンスの基準であるオープンとショートでの位相を終端機と呼ばれる装置で計測することにより修正するのがもっとも一般的な手段です。 この校正においては数学的ベクトルを用いた内部理論が働いており、ロードマッチ、ソースマッチ、方向性などの要素における誤差を相当程度まで検出し修正することが可能となっています。 この校正機能があるためにこのアナライザは開発から年月が経った現在でも測定器のメジャーとして用いられており、非常に画期的なストロングポイントと言って良いでしょう。 ただし、外部の環境要因(振動、磁力、温度、湿度)等の再現はこの校正機能でも行えないため、測定を行う空間の環境には最大限の注意が必要です。 温度と湿度を一定に保つことはもちろん、清掃がじゅうぶんに行き届いた清潔で他の機器と距離を保った環境を整えて運用するようにしましょう。 アナライザは各社から年々改良がなされた製品が発売されており、今後も精度や安定性などにおいても進歩していくことが期待されています。

デジタルマルチメーターの特徴と買取のお知らせ

keithley

 

多くのシーンで便利な計測機器として使われているデジタルメルチメーターは中古買取業界においても圧倒的なリユース需要を見せています。

デジタルマルチメーターは主に電流圧やインピーダンスなどスタンダードな計測機能をまとめた測定器で
アナログ式に比べて数値の誤差が少ないというメリットがあります。
変換技術の進歩によって精度が高くなり、入力端子がインターフェースや電源と絶縁されているため安全に使うことができます。
また、本機は大きく分けて2種類あります。

ひとつは従来の回路計に代わるもので研究室や工事現場など様々な分野で活用されています。
電気駆動なので表示は液晶が採用され、小型で軽量です。
製品によって様々な機能が搭載されています。
電源ラインを測定する時の安全性を考慮して樹脂カバーが付いた入力プラグなどが採用されています。
防塵処理や防滴処理が施された製品もあります。

 

もうひとつは、研究室の計測システムや生産ラインでよく使われるタイプで、スケーリングといったより深い機能が充実しています。
プロダクションラインのチェックでは遠隔制御やコンピューターへデータを瞬時に送れるタイプが使われています。
入力部分はフローティング入力です。多くのデジタルマルチメーターでノイズを除去する効果に優れた積分型の変換方式が採用されています。

また、確度を決定する重要な構成要素といえば基準電圧と基準抵抗になります。
基準電圧には基準電圧用のICが使われています。基準抵抗の中で抵抗比が必要な部分には薄膜モジュール抵抗などが使われます。薄膜モジュール抵抗は、長期安定度が高くて相対温度係数が低いというメリットがあります。
デジタル部分は、マイクロプロセッサなどのロジック回路で構成されています。
デジタルマルチメーターではゼロ点の安定度が重要ですが、プリアンプコンバータのゼロ点は時間経過や温度変化によりDriftします。最近はオートゼロ機能を備えたものも多くなっています。プリアンプ入力にスイッチを設けて、そのスイッチを入れて入力電圧を測定します。ゼロにつながるスイッチを入れて内部オフセットを測定してデータの差を取りDriftを消します。
オートゼロ機能をオフにすると測定の角度は落ちてしまうものの、測定速度は2倍になります。
その他、積分時間の設定によって測定分解能が決まるものと測定分解能の設定で積分時間が決まるものがあります。
据え置きタイプの高分解能を持つものは、表示桁数を任意に変えることが可能です。
本機が1台あると便利ですが、様々なタイプの製品が販売されているので初心者だと迷ってしまうことも多いです。

国産メーカーの製品は1万円を超えるものが多いですが、中国の製品だとその半分くらいの額で購入することが可能です。
買取においては国内ブランドが圧倒的に人気でノーブランドや廉価品については買取値が付かないケースが多いです。
電池駆動の製品が多いですが、電池の消耗を避けるために表示はほとんどが液晶になっていてオートパワーオフができる機種も増えています。
AC100Vにつないで使う据え置き型もあります。このタイプだと電池の消耗を気にせずに使うことができます。最近はバックライト付きの液晶表示器が多いです。
価格は分解能によって差が出ます。ポータブル型との大きな違いは測定速度で、1秒間に数千回の測定も可能です。ポータブル型だとパソコンとつなぐことができる機種は少ないですが、据え置き型はLANやUSBでつなぐことができます。

まとめると、デジタルマルチメーターは電気量の基本測定機能がまとまっている便利な計測器で、様々な用途に対応しています。用途に合わせて正しく使うことが重要なので、初心者の場合は事前に基本的な使い方を学ぶことが大切です。より深い情報を求められる方はインターネット上には様々な文献が出ているのでそちらを参考してみてください。

当店の買取強化モデル

リセール相場で安定を見せているのはKEITHLEYの2001や2010があります。

KEITHLEYの製品はデジタルマルチメーターに限らず多くのモデルが高額買取の対象となっております。

高額買取品のお知らせ「オシロスコープ編」

oscilloscope

お世話になっております。今回のブログはこれからオシロスコープを売ろうと考えている方へ向けたお得情報をお知らせします!

現在の中古市場で人気の高いオシロスコープをピックアップしてみましたのでぜひ参考していください。

では早速ご紹介いたします。

 

中古人気の高いオシロスコープ BEST3

 

・テクトロニクス

オシロスコープメーカーの代表的なブランドといえばなんといってもテクトロニクスです。

便利機能が盛り込まれたハイエンドモデルからシンプルな廉価モデルまで幅広い機種を世界に供給しています。

DPO、TDS、TPP、MSOなどシリーズは数多くあり、いずれも中古需要は非常に高いのが特徴です。

通常、オシロスコープは発売から10~15年経ったモデルの場合、売り値が極端に落ち込んでしまい、買取不可となってしまうものが多いのですが

テクトロニクスのモデルは、買取ができないほど値落ちをすることがないのが特徴となっています。

 

・アジレント(キーサイト)

次いで高額買取が期待できるオシロスコープはアジレントです。

主な高額査定品はMSOやDSOシリーズ。そして中古需要の高さではDCA広帯域オシロスコープの86100シリーズが最近注目を集めています。

特に基本性能がアップグレードされている86100Bは中古の出物がないため高額査定が期待できるモデルとなっています。

infiniiVision系のものはほぼ全てが買取可能です。

 

・横河電機

YOKOGAWAのオシロスコープはDLシリーズが一番人気となっています。

次いでミックスドシグナルオシロスコープのDLMシリーズも売れ筋となっています。

注目のモデルはDL4038と4058。いずれもまだ中古市場では見かけることのないハイエンド機種。買取値は相場が確立していませんが100~150万円の予想となっています。

 

買取が難しいオシロスコープ

逆に売りづらい製品はKENWOOD、IWATSU、ナショナルの製造から10~30年以上経ったものです。

これらはほぼ中古売買の価格が極端に低くなってしまっているため、買取価格も期待できません。

また、上記の人気製品であっても精度不良やディスプレイ不良、筺体破損が見られる状態のお品物は査定額が極端に落ちてしまいます。

若干難アリでありつつも、とりあえず動いて測定出来る状態であれば極端なマイナスポイントにはなりませんので諦める前に一度お見積もりに出すことをオススメします。

 

また、上記以外にも高額買取できる物は多数ございます。

オシロスコープは常に買取大歓迎となっていますので売却の際はぜひタカミツをご利用ください。

 

高額で売れる測定機器の共通する特徴とは?

売れるものとは?

 

一言で測定機器といえど、その種類は数えきれないほどあります。
その中で中古需要が大きく、高額査定になりやすい測定機器は何なのか気になる方も多いのではないでしょうか?
そこで、高額で取引されている中古測定機器の特徴をまとめてみましたので参考にしてみてください!

高額査定になりやすい測定器の共通ポイント

・当時の新品価格が高く、様々な分野に活用できる機器

・ほとんど手付かずの状態の美品や未使用品。

・海外需要のあるモデル

 

逆に相場が極端に落ちやすい物は

・汎用性のない機材、オーダーで作られたオリジナルの品物

・あまりにも使い込まれた状態

・故障や破損している

が大部分といえます。

 

当たり前の話ですが、新品価格が高い品物についてはリセール時も高く売れやすいのは事実です。ですがそれらはオシロスコープやアナライザーといった様々な業種に使われている汎用性の高い測定器であって、あまりにも専門性が高くある一部の分野しか仕えないような機器についてはそもそも中古品を求めている人がいないというケースが多く、どんなに新品価格が高額でも売る時にはほとんど値が付かないということがよくあります。

例外として、あまり中古人気のない測定機器であっても購入してそのままの物やほとんど使用しなかった物については相場よりもグンと高い価格で売れることがあります。
中古は購入してからの維持の面を気にして手が出せないという方が、未使用のような程度が良い物は購入後のメンテナンスのリスクが抑えられるということから非常に売れやすい傾向にあります。

逆に一目して使い込まれていたり、丁寧に扱われていなかったとわかる状態の悪いお品物についてはどんなに人気があるモデルであっても極端に買取値が下がってしまいます。
壊れていれば直せばいいというのが通用しないのが計測器の世界。安いからといって程度の悪いものを買ってすぐに使えなくなってしまえばただの産業廃棄物です。
新品価格からすれば格安といえど中古となっても数十万以上値がはるものも珍しくありません。そうなるとやはり購入後の維持がたいへんそうな状態の悪い測定機器を合えて買おうという方は少なく、それに添って査定もグンと下がってしまうのです。
ただしここでも例外があります。それは海外輸出の需要がある一部のモデルです。
これは時期によって需要が左右されるところもあるので、コレというモデルをご紹介が出来ないのが申し訳ないのですが、どんなに壊れていようが見た目が悪かろうが一定の価格を崩さず売買されているモデルがあります。

いかがでしたでしょうか。本当にざっくりとした測定器の中古事情をご紹介しましたが、まだまだご紹介したいポイントがあるので次回ブログにてお知らせします!

画像寸法測定器を高額買取します

IM

 

それまで対象物の寸法を測る場合は投影機や顕微鏡を使うやり方が一般的でしたが、画像寸法測定器の登場によってそれまでの常識が大きく変わりました。
キーエンス社が開発したIMシリーズはその名の通り、物を装置に置いてスイッチを入れるだけで後はマシンが寸法を測ってくれるのです。

測定効率の比較では投影機などを使って測定に20分かかっていた物がIMシリーズを使えばなんとわずか数秒で作業が終わってしまいます。
正に夢のようなアイテムで、それだけに終わらず使いやすさにも徹底した配慮がなされており、ディスプレイ直下にある台に置くだけでだれでも簡単に寸法が測れるという代物です。従来のアナログ的なやり方の場合だと専任の技術者の腕によっても精度が左右してしまうこともありましたが、IMシリーズであればその心配もなく、作業の短縮化だけでなくヒューマンエラーによるトラブルの心配もなくなりました。

また、これまで測ったデータの管理に手間取っていた部分についても本体に保管することができ、パソコンに繋いで管理を行うこともできます。
ネットワークも装備しているのでどんなに離れたところでもすぐにデータの共有を行うことができます。
なぜこれだけ簡単かつ高精度な測定が行えるのでしょうか?そこにはキーエンスならではのテクロノジーによって実現しています。
IMシリーズではカメラ部のレンズに特別なものを使用することでピントズレや被写体に歪みが発生することなく綺麗に捉えることができます。
また、これまでだと一定のサイズを超えたものを測定使用とした場合、画像を分割しなければいけないケースがありましたが、最新のモデルでは従来のモデルよりも大幅に測定サイズの拡大を実現しています。
またキーエンスではアスターサポートも充実しており、ソフトウェアのアップデートも無料にて提供されています。

買取について

当店ではIMシリーズは全てお取扱対象となっております。

買取事例としては、過去にIM-6020とコントローラのIM-6000やIM-6600の売買実績がございます。
精度不良や故障品については程度によって買取不可の場合がございますので、一度査定担当にお問い合わせをお願いします。

買取の後のお支払いについて

お世話になっております。今回のブログは測定器の買取サービスにおいて、よくお問い合わせいただく内容をピックアップ致します。

以前、こちらのページで告知させて頂いた、どのような物まで買取しているのか?という件に次いでよくお問い合わせをいただく内容でございます。

測定器の買取後のお支払い方法について

通常、他店様の場合は売却する品物の点数に関係なく、お取引成立後の代金支払いは銀行振り込みとなります。

その理由は業者さんによって様々ですが、大きな理由の一つは測定機器は精密なものが多いので、当日その場で完全に動作チェックをして、正確に査定するのには難しいというのがあると思います。

お品物

Continue reading

壊れているものでも買取はしてもらえる?

こんにちは!今回のトピックは今日はお客様からお問い合わせが多い買取についてのお知らせです。

今回は壊れてしまった測定器は買取可能か?という問い合わせについてお答えいたします。

壊れているお品物

調子が悪くメーカーのメンテナンスに出しても、調整不可となってしまった内部的な故障や、外部的に破損させてしまったお品物は基本的に廃棄の対象となってしまうと思いますがTAKAMITSUではこういった難あり品も買取の対象となる場合がほとんどです。 Continue reading

測定器を少しでも高く売るには?

使わなくなった測定器を売却しようとお考えのお客様は、様々なご事情はあれど、どなたでも少しでも高く買取して貰いたいとお考えだと思います。私も頼む側だったら、サービスが良いのはもちろんだけど、査定が安いのなら、もっと高いお店を探そうと思います。そこで、査定依頼をするのが初めてで、何に注意すればいいのかご不安な方へ向けた簡単なポイントをまとめてみました。 Continue reading

わたくしども、タカミツについて

このサイトをご覧になられたお客様へ向けた案内ページです。

タカミツとは?

私どもは測定機を専門に扱い、お客様からご要望いただいた製品の販売や、さまざまなご事情で機材を手放される際の買取業務を行っております。

2006年に同社を立ち上げ、現在はアルバイトを含め総勢8人で業務を行っております。

見出しの画像

Continue reading