AgilentとHewlett-Packardの関係とは?買取について

Agilentはエレクトロニクス関連の業種に携わっている方であれば誰もがご存知の大手メーカーです。

そのルーツはHPと関係があり、こちらのページではアジレントが発足に至るまでの簡単なタイムラインをご紹介します!

 

Hewlett-Packardの誕生

無線技術のプログラムを学んでいたDave PackardとBill Hewlettの二人は学業の修了と共に自分たちにしか出来ない事業を起こすことを決意。

その時の仕事場は家の退きにある小さなガレージ。ここからHewlett-Packardの歴史が始まりました。

間もなくエンターテイメント業界の大手から計測機器の受注が入ります。

ここで手がけたのが「200B オーディオオシレーター」で、音響発信器はまだ少なかった音声付の映画のテストに使われました。

ここでの成功が二人の計測機器作りをより意欲的にし、そこからの活躍は目まぐるしいものでした。

1940年代の終わりごろには収益を150万ドルまで伸ばし、アメリカの企業番付に入るほどの成長を遂げます。

 

1938年に運転資金538ドルで事業をスタートし、IPO時にはシリコンバレーの記録更新となる21億ドルというとてつもない規模まで拡大を果たしたHewlett-Packard。

現在でも様々な分野でのリーディングカンパニーとして革新を続けています。

 

HPからAgilentが発足

1940年代から始まった試験・測定関係の製品はエンジニアや科学者の間で多く採用されるようになりました。

第二次世界大戦の到来により政府から大量の電圧計、信号発信器、RF関係といったプロダクトの担当を命じられます。

その指示によりAgilentは拠点や工場などの体制を新しくし、一連の機種の大量生産を対応しました。

この時、特に信号発信器の分野では高いレベルのノウハウを持ち、ライバルを抑え長らく引率する存在となりました。

コンピューターテクノロジーが到来した1980年代はさらに飛躍の遂げ、売り上げ高を倍にまで更新し、

そして1999年にはHPの測定機器をはじめ、半導体や化学の分野を分けるためにアジレントテクノロジーズを発足し、翌年には独立した会社となりました。

 

中古売買について

当店ではAgilentの測定器を高額買取中。もちろん、HPやキーサイトブランドも買い取り可能です。

 

・電子

オシロなどの電子関係のお品物は2000年以前のモデルでも高価買取可能なお品物が多数。

もちろん、年式が新しいものはそのほとんどが買取可能です。

・RF

スペクトラム、ネットワークなどの各種アナライザーをはじめ、パワーメーターなどの周辺器

アッテネータなどの小物も個々で査定の対象とさせて頂きます。

 

その他測定器や関連アイテムも買取中

当店ではAgilentの主要モデルだけでなくキャリブレーションキットなどの関連品も別途、高額買取いたします。

その他記載のないものも買取受け付け中ですのでまずはお問い合わせください。

Recetly Posts

無料査定・買取のご質問など、お気軽にご相談ください!

無料査定・ご相談は0120-083-084
お手軽に買取額を知るならこちら