標準発生器を高額にて買取致します!

あらゆる製品に徹底した品質管理が求められている昨今の事情において、計測機器の自主的な較正の必要性が高まっています。

その問題を解決するのが標準発生器で、測定機器の動作や精度に問題がないかチェックを行ったり、機器の精度を保つために使用する機材になります。

標準発生器の種類と買取対象について

当社では標準発生器の買取を行っておりますが、計測機器の対象にあわせて周波数や電圧用などいくつかのバリエーションがあります。

基本的に全般的な買取を承っておりますが、特に電気・RF関係の較正器についてはあらゆる計測機器の査定対象の中でも得意分野となっております。

これまでの査定でお取り扱いさせて頂いた主な買取例をご紹介していきます。

電気標準器

電気計測器のチェックに使われる電圧・電気標準発生器は国内ではYOKOGAWA、海外ではFLUKEのお品物が入荷の多いモデルとなっています。

ロングセラーの2558

YOKOGAWAはおよそ40年ほど前から標準発生器というジャンルにおいて、ディファクトスタンダードとなる測定機器を世に送り出し続けている先駆者です。

2558は発売から30年以上経っている今でも愛用者の多い、標準発生器で最もロングセラーとなったモデルではないでしょうか。

電圧は1mV~1200Vまで幅があり、電流は1mA~60Aまで広範囲の出力を可能にした測定機器です。
2558の利点はなんといってもわずらわしさのないシンプルかつ精度の高い動作にあると思います。
操作ミスにも考慮した設計がほどこされている為、安心して計測を行うことが出来るのもこれだけ長らく多くのユーザーに愛されている大きな理由といえるのではないでしょうか。現在でも2558は中古市場では引く手数多の人気モデルとなっています。

2558A

2013年に2558の後継となる2558Aが誕生しました。
基本性能をアップさせ、現場でより効率的な作業を行える便利機能を搭載しているのが特長です。

標準信号発生器

こちらは自己で信号を生成できない機器の評価を行う際に使用する計測器です。

オシロやアナライザと併用することが前提となっているものがほとんどですが買取においては単品でのお取り扱いも大歓迎です。

KIKUSUI、ANRITSU、KEYSIGHTなどから様々な周波数に対応した機器が発売されています。

とりわけラインナップが豊富なのはアジレント(キーサイト)で、買取でもよほど製造から年数経っているものでない限りは確実に高額買取となっておりますよ!

状態が悪い標準発生器も買取OK!

また、上記のお品物は状態が良ければもちろんプラスのポイントとなりますが、精度が出ていなかったり動作に問題があったとしてもほとんどの個体が買取可能となっております。

Recetly Posts

無料査定・買取のご質問など、お気軽にご相談ください!

無料査定・ご相談は0120-083-084
お手軽に買取額を知るならこちら