電気テスターの主要メーカー、FLUKEについて【買取もしてます】

FLUKEは1940年終わりに誕生したアメリカやオランダをはじめとした世界各国に拠点を持つ知名な電気・計測器メーカーです。

日本でも広く普及し、買取によるお取扱件数も電気テスターやケーブルアナライザーのカテゴリーでは群を抜いています。

現代の電気やIT関係の技術に携わる方であればFLUKEの名を一度は耳にしたことがあるかと思いますが、まだご存知ない方の為にFLUKEのこれまでの歩みと買取の情報も掲載いたします!

FLUKEの生い立ち

初期の業務内容は主にパワーメーターなどの製造で、まだこの時はテスターの市場がそれほど大きいものではなく、一部の顧客のオーダーなどの限られた需要を満たしていました。

機転となったのはベル研が発明したトランジスタでした。これはFLUKEにとっても大きな出来事になりました。

電子機器が一気に真空管から半導体に移り切り替わっていったことで保守や設計を行う際に測定機器の需要が増し、FLUKEがもつ専門技術はまさに時代が必要としているもので、活動の規模が一気に広がりました。

1950年代、拠点をワシントンに移しています。

重要な顧客であるHPや研究機関に電力関係をはじめとする計測器のプロデュースを行い、名実をより高めていきました。

1970年代になると急速に成長した測定機器の市場は落ち着き始め、FLUKEの業務にも影響が見え始めたことをキッカケに、それまで未開拓だったカテゴリーにも積極的に踏み入れていくようになり当時で100を超える自社製品を並べるほどの多角化を遂げます。結果、FLUKEの試験・測定器は世界的なシェアを大きく占めるようになり、現在でも最先端の技術を先導しています。

 

FLUKEの主な買取モデル

多彩なラインナップをほこるFLUKE製品の中から、とりわけ買取量の多い機種をご紹介します。

ケーブルアナライザ

DSXやDTXは現代のITインフラの維持や発展において無くてはならない存在となっています。

配線の状況を確認する際、FLUKEのケーブルアナライザーを使うことで作業効率を大幅に改善することができます。

本体はもちろん、モジュール単体の買取も実施しております。

 

スコープメーター

携帯性にとんだ独自のオシロスコープで、従来タイプのものでは測定できない環境においてもFLUKEのスコープメーターであれば対応することが出来ます。

電子テスター

最もポピュラーといえる測定機器ですが、FLUKE製のものは商用からアマチュアまで幅広いユーザーに愛用されています。

高精度かつ機能性に優れたモデルを複数に分けて展開していますが、どれもすべて買取が可能です。

 

その他、FLUKE製品の買取もお任せ!

上記の他にもネットワーク・電子関係のテスターはもちろん、キャリブレーターといった特殊な測定機器も高額にて買取中。

長期使われておらず精度が不明なものでもぜひ買取させてください!

Recetly Posts

無料査定・買取のご質問など、お気軽にご相談ください!

無料査定・ご相談は0120-083-084
お手軽に買取額を知るならこちら