高額買取品のお知らせ「オシロスコープ編」


oscilloscope

お世話になっております。今回のブログはこれからオシロスコープを売ろうと考えている方へ向けたお得情報をお知らせします!

現在の中古市場で人気の高いオシロスコープをピックアップしてみましたのでぜひ参考していください。

では早速ご紹介いたします。

 

中古人気の高いオシロスコープ BEST3

 

・テクトロニクス

オシロスコープメーカーの代表的なブランドといえばなんといってもテクトロニクスです。

便利機能が盛り込まれたハイエンドモデルからシンプルな廉価モデルまで幅広い機種を世界に供給しています。

DPO、TDS、TPP、MSOなどシリーズは数多くあり、いずれも中古需要は非常に高いのが特徴です。

通常、オシロスコープは発売から10~15年経ったモデルの場合、売り値が極端に落ち込んでしまい、買取不可となってしまうものが多いのですが

テクトロニクスのモデルは、買取ができないほど値落ちをすることがないのが特徴となっています。

 

・アジレント(キーサイト)

次いで高額買取が期待できるオシロスコープはアジレントです。

主な高額査定品はMSOやDSOシリーズ。そして中古需要の高さではDCA広帯域オシロスコープの86100シリーズが最近注目を集めています。

特に基本性能がアップグレードされている86100Bは中古の出物がないため高額査定が期待できるモデルとなっています。

infiniiVision系のものはほぼ全てが買取可能です。

 

・横河電機

YOKOGAWAのオシロスコープはDLシリーズが一番人気となっています。

次いでミックスドシグナルオシロスコープのDLMシリーズも売れ筋となっています。

注目のモデルはDL4038と4058。いずれもまだ中古市場では見かけることのないハイエンド機種。買取値は相場が確立していませんが100~150万円の予想となっています。

 

買取が難しいオシロスコープ

逆に売りづらい製品はKENWOOD、IWATSU、ナショナルの製造から10~30年以上経ったものです。

これらはほぼ中古売買の価格が極端に低くなってしまっているため、買取価格も期待できません。

また、上記の人気製品であっても精度不良やディスプレイ不良、筺体破損が見られる状態のお品物は査定額が極端に落ちてしまいます。

若干難アリでありつつも、とりあえず動いて測定出来る状態であれば極端なマイナスポイントにはなりませんので諦める前に一度お見積もりに出すことをオススメします。

 

また、上記以外にも高額買取できる物は多数ございます。

オシロスコープは常に買取大歓迎となっていますので売却の際はぜひタカミツをご利用ください。