RONDCOMなどの真円度測定装置を高価査定中

真円度測定はその名の通り、円筒形状に加工された製品や部品の精度を幾何学レベルで計る装置になります。

これらの大半は対象を回転台に置いて動作し同心・同軸・直角などのデータを解析することを可能にしています。

手軽さを優先したものから、ストロークと台をより大きくとったものまでその種類はバラバラです。

高い精度が求められる現代の物作り、そして最先端の開発・生産においては必須ともいうべき機器ですが導入するには非常に高額なため、中古を買い求められている方が増えています。
当社ではこの真円度測定本体はもちろん、それに関連する計測器材を高額買取中です。

 

真円度測定機メーカー

真円度装置のメーカーは国内外にいくつかありますがその内のトップメーカーに絞ってご紹介させて頂きます。

ACCRETECH

roncom

アクレーテクは半導体や三次元などの計測を必要とする場で広く導入されています。

真円度の分野においてもその時代に必要とされるスペックと利便性に富んだ新機種を開拓するリーディングカンパニーです。

RONDCOMシリーズは極限まで精度が求められる事業にも対応したフラッグシップ機からどこでもすぐに使える卓上の簡易計測用まで取り揃えられています。

買取では導入がしやすいという理由から卓上タイプのものが人気傾向にあります。

MITUTOYO

精密計器の広い分野で絶大な知名度と支持をもつMITUTOYO。
同社は三次元測定器をはじめ、このラウンドテストにおいても高いシェアを獲得しています。
国内ではACCRETECHと同様、高重量物も計測可能にした特殊なタイプからパソコンと連動したオーソドックスなもの、そしてデータのプリントや操作部をひとまとめにしたコンパクト機種までありますが、どちらも買取対象となっております。

TAYLOR HOBSON

表面計り器の発明など、精密な計器の草分け的な存在のテーラーホブソン。

真円度についても斬新かつ高いテクノロジーが盛り込まれた装置を提供しています。

内燃機の各部を計測することを想定した大型機から、現地で評価を可能にする可搬式のタイプ、そしてラボ向けの超高精度に重点をおいたものなどがあります。海外メーカーの中では比較的リセールのしやすい装置といえます。

 

買取値段が付かない真円度測定装置

PCなどの制御がない完全なアナログ式のものや真円度ゲージについては中古需要の都合で買取が出来ない場合がございます。

特注品や現状測定が行えない問題を抱えている物についてはそのままでも買取値段が付く可能性があります。

当社では無料にて現場査定も承っておりますのでいつでもお気軽にご利用ください。

Recetly Posts

無料査定・買取のご質問など、お気軽にご相談ください!

無料査定・ご相談は0120-083-084
お手軽に買取額を知るならこちら